アドバンスコーヒーメイキングコースの特徴

  • ブロックチェーンによる修了証

    学位の認定にも使用されているブロックチェーンによる修了証を発行します。偽造が不可能とされる信頼性の高い修了証を発行します。

  • 高品質な翻訳

    コンサルタントとして国内外で活躍するワールドバリスタチャンピオン、有機化学の背景を持つ科学者、そしてプロの翻訳家のチームで本コースは翻訳されています。

  • 30時間 & 25,000ワード

    抽出に必要な論理的な理解や科学的な理解を学ぶ非常に深みのあるコースです。約30時間に相当するレッスンを通して、抽出の最先端の世界を学ぶことができます。

Watch Intro Video

日本語字幕付きの動画で更に理解を深める

20本以上の動画がスキルの向上をサポート

カリキュラム

  • 1
    プロローグ
    • 0.0 はじめに
    • 0.1 抽出の均一性 無料プレビュー
    • 0.2 チャネリングとディストリビューション
    • 0.3 抽出比率と抽出に関する用語の定義
    • 0.4 粒度分布
    • 0.5 温度と時間
    • 0.6 表面積と流量
    • 0.7 まとめ
  • 2
    第1章:コーヒーを形作る成分
    • 1.0 本章の内容
    • 1.1 コーヒーを形作る成分とは?
    • 1.2 苦味とは?
    • 1.3 酸っぱさとは?
    • 1.4 酸類は発酵や焙煎により増加する
    • 1.5 甘さとは?
    • 1.6 なぜ数値は重要なのか?
    • 1.7 屈折率の測定
    • 1.8 屈折計の構造 無料プレビュー
    • 1.9 第1章確認テスト
    • 1.10 まとめ
  • 3
    第2章:抽出
  • 4
    第3章:濃度
    • 3.0 本章の内容
    • 3.1 実際の濃度と知覚する濃度
    • 3.2 フレーバー
    • 3.3 フレーバーと強度の関連
    • 3.4 フィルターコーヒーやドリップコーヒーの濃度設定
    • 3.5 ダウンドースとアップイールド:TDSテイスティングプロトコル
    • 3.6 コーヒーコントロール表の作成:アンケート
    • 3.7 TDSの谷
    • 3.8 希釈=バイパス 無料プレビュー
    • 3.9 どの希釈水を使うべきか?
    • 3.10 コロイドがいかに濃度の知覚に影響するか
    • 3.11 牛乳で希釈する
    • 3.12 第3章確認テスト
    • 3.13 まとめ
  • 5
    第4章:エスプレッソ
    • 4.0 本章の内容
    • 4.1 TDSを固定して抽出した場合 無料プレビュー
    • 4.2 TDSを固定しつつ収率を減らした場合
    • 4.3 狙いを定める
    • 4.4 温度
    • 4.5 浸食
    • 4.6 収率の限界値
    • 4.7 抽出できない空間の存在
    • 4.8 エスプレッソの濃度:ノルマーレ(ノーマル)
    • 4.9 リストレット、ルンゴ、カフェ(カッフェ)クレマ
    • 4.10 シングルvsダブルバスケット
    • 4.11 エスプレッソとシングルドースグラインダー
    • 4.12 カプセルとビーントゥカップの技術
    • 4.13 第4章確認テスト
    • 4.14 まとめ
  • 6
    第5章:浸漬法と透過法
  • 7
    第6章:屈折
    • 6.0 本章の内容
    • 6.1 コーヒーツール、屈折計の使い方
    • 6.2 クリーニングとキャリブレーション(校正)